金欠リーマンのマイレージ日記

マイルが貯まるホテル予約サイトRocketmiles(ロケットマイルズ)

ホテル予約でACアエロプランやUAマイレージプラス、BAアビオスなど20社以上の航空会社のマイルを貯めることができるRocketmiles(ロケットマイルズ)。

東京や大阪など国内主要都市のホテル予約でも利用可能で、通常1泊で1,000~5,000マイル積算。
初回予約ボーナスでさらに1,000マイル獲得できます。

解説記事:マイルが貯まるホテル予約サイトRocketmiles、初回予約でAC 4000マイル
rocket24

自動車保険見積もりでポイント&マイル獲得

7月に自動車保険の更新を迎える管理人。現在契約中の保険の更新見積りが送られてきたので、各社の見積りをとってみました。

まずは毎年恒例のイーデザイン損保。ANA保険 de MILE経由で見積もれば、もれなく250マイル獲得。管理人が知る限り、自動車保険の見積だけでマイルが貯まるのはイーデザイン損保だけです。

続いては、楽天 自動車保険一括見積もり。こちらも毎年見積りをとっているので、更新箇所を入力するだけで見積り完了。わずか数分の手続きで1,111ポイント獲得できました。

最後はCLUB Panasonicに移動し、ウェブクルー(bang)とインズウェブの大手2社の一括見積り。クラブパナソニックはポイントサイトなどと比べても条件が良いので毎年利用していますが、今年は2社で2,500コイン(2,500円相当)獲得。貯めたコインは電子マネーやGポイント、ANAやJALマイルに交換することができます。

※クラブパナソニックはハピタス経由で会員登録すれば、さらに216pt(216円相当)獲得可能です。

4件の見積りは約20分で終了。単純な入力作業ですが、毎年のルーティンなので、だいぶ慣れてきました。

続きを読む

ANAマイルの有効期限を延長する裏技

ソラチカカード(メトロポイント)を活用することで、年間最大216,000マイル貯めることができるANAマイル。管理人も毎年20万マイル以上貯めて、特典航空券を利用しています(今年の特典航空券を使った旅行は5回の予定)。

ANAマイルの有効期限はマイル積算後3年(36ヶ月)。JALなど他社FFPと比べてマイルは貯めやすいですが、特典航空券が予約しやすいわけではないので、マイルの有効期限が気になります。

有効期限が迫ったマイルがある場合、とりあえず特典航空券を予約・発券して有効期限内(国内線は90日間、国際線は1年間)に使うのもありですが、期限内に使うことができなければマイルは失効してしまいます。

マイルの有効期限を延長するお勧めの方法は、ソラチカカード(メトロポイント)のポイント交換を利用すること。有効期限切れが近いマイルを「10,000マイル=10,000ポイント」でメトロポイントに交換し、再度「100ポイント=90マイル」でANAマイルに移行すれば、有効期限を3年間延長することができます。

続きを読む

ANA特典航空券、ゾーン制導入で乗り継ぎが大幅制限

2015年4月12日発券分より国際線特典航空券にゾーン制を導入し、必要マイル数及び利用条件を改定したANA。

提携航空会社特典航空券利用の場合、従来は区間基本マイレージの合計数で必要マイル数が決まり、自由に旅程を組むことができましたが、ゾーン制では乗り継ぎ(乗り換え)が大きく制限されています。

出発地からの必要マイル数がより高いゾーンの都市を乗り換え地とすることはできません。 また、乗り換え地から目的地までの必要マイル数が出発地から目的地の必要マイル数を上回るようなお乗り換えはできません。

上記ルールにより、先日記事にしたエティハド航空の場合、アブダビ(Zone 8)乗り継ぎの欧州方面(Zone 7)の特典航空券が利用不可に。別件で国際線サービスデスクに電話した際に確認してみましたが、やはり利用できないとのことでした。

続きを読む

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.