JAL、燃油サーチャージ適用条件見直しで値上げ - 金欠リーマンのマイレージ日記

JAL、燃油サーチャージ適用条件見直しで値上げ

JALは、昨年からの円安の進行による費用増を踏まえて、2014年度の燃油サーチャージ適用条件の見直し(値上げ)を発表しました。

適用条件表のうち、Zone G(120ドル基準)からZone I(140ドル基準)の適用額が見直され、Zone Gの場合、韓国線で300円値上げ、北米・欧州・中東・オセアニア線では1,500円値上げとなります。

※2014年4月から5月発券分の燃油サーチャージはZone G(120ドル基準)から変更ありませんが、改定後の運賃が適用され、値上げとなります。

JALでは値上げの理由を「現行の適用条件表は、2011年以降の急激な円高の進行による費用減を考慮して、2012年度に値下げしたものだが、最近の為替レートが2011年度以前の円安水準で推移している状況に鑑み、2011年度まで使用していた適用条件表に戻す」と説明しています。

※予想通りANAも追随し、値上げを発表しました(2月7日追記)。
両社が航空旅客に燃油サーチャージを導入したのは2005年(1ドル110円台)。
2007年(1ドル120円台)以降ずっと円高基調で、2012年に1ドル70円台に突入してやっと値下げ。
2014年に1ドル100円台で「適用条件を元に戻す」ということであれば、今後円安が進んでも当面は再値上げしない(できない)と考えるしかなさそうです。


JAL 燃油特別付加運賃(2014年度改定、片道)

(2014年4月1日から2014年5月31日発券分)
日本=北米・欧州・中東・オセアニア :25,000円(現行23,500円)
日本=インドネシア・インド・ハワイ:16,000円(15,000円)
日本=タイ・シンガポール・マレーシア :13,000円(11,500円)
日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム:8,000円(7,000円)
日本=中国・台湾・香港 :7,000円(6,000円)
日本=韓国・極東ロシア :2,500円(2,200円)

国際線「燃油特別付加運賃」「航空保険特別料金」のご案内(JAL)
各社燃油サーチャージ

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
Hotels.com(ホテルズドットコム)10%割引クーポン

☆マイレージ、ポイント関連サイト 人気ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 【ポイ探】ポイント・マイル ブログランキング

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

Re: 相互リンクのお願い

相互リンクは旅行・マイレージ関連のサイトに限らせていただいています。
ご要望に副えずたいへん申し訳ございませんが、ご了承ください。

2014-02-10 23:31 from 金欠リーマン

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-02-07 15:06 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.