メトロポイント(ソラチカカード)まとめ 最新版 - 金欠リーマンのマイレージ日記

メトロポイント(ソラチカカード)まとめ 最新版

当ブログでもたびたび紹介しているメトロポイント(ソラチカカード)経由でのANAマイル交換。

ポイントサイトで貯めたポイントを「100pt(100円相当)=90マイル」で交換できる定番ルートですが、あらためて概要をまとめてみました。

ちなみに管理人はメトロポイントとPeXが提携を開始した2012年10月以降、ハピタスやポイントタウンで貯めたポイントをPeX-メトロポイント経由で交換して、60万マイル以上獲得。

正確には「1マイル=1.11円」でANAマイルを購入していることと同じですが、楽天スーパーポイントやTポイントなど主要ポイントからの交換レートが「2pt(2円相当)=1マイル」であることを考えると、破格のレートだと思います。


メトロポイントとは

soratikacourse1

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)では、東京メトロの「メトロポイント」と、JCB「Oki Dokiポイント」、2つのポイントを貯めることができます。

メトロポイントは、東京メトロ乗車時や定期券購入時、提携サービス利用時に付与。貯めたポイントは「100ポイント=90マイル」でANAマイルに交換できます。

※ソラチカカード会員限定の特別レート。一般のTo Me CARD会員は「1,000ポイント=600マイル」の交換レートが適用されます。


メトロポイントの貯め方

東京メトロ利用だけではなかなかポイントは貯まりませんが、ハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントを、メトロポイントと提携しているドットマネーやPeXを経由して移行することが可能です。そのため、普段東京メトロを利用しない方もソラチカカード会員になっています。

陸マイラーの定番ルートは、ハピタスで貯めたポイントをドットマネー経由で、ポイントタウンで貯めたポイントをPeX経由でメトロポイントに交換。推奨交換ルートは以下の通りです。

ハピタス300pt(300円相当)⇒300pt(ドットマネー)⇒300pt(メトロポイント)

ポイントタウン10,000pt(500円相当)⇒5,000pt(PeX)⇒500pt(メトロポイント)

ドットマネーは交換手数料無料ですが、PeXは50円相当の手数料がかかります。


メトロポイントをANAマイルに交換

metoroana

ソラチカカード会員の場合、「100ポイント=90マイル」で交換可能。月間最大20,000ポイント(18,000マイル)、年間最大240,000ポイント(216,000マイル)まで移行できます。

交換期間は約1ヶ月(最大2ヶ月)。ドットマネーなど提携ポイントサイトからの移行ポイントは毎月11日に加算され、ANAマイルへの移行も毎月10日前後に完了します。


ポイントサイトからANAマイルへの交換スケジュール

メトロポイントの残高更新が月に1回しかないため、ポイントサイトからANAマイルの移行には多少時間がかかりますが、締め日を意識すれば約2ヶ月で交換することができます。

・毎月初にポイントサイトからドットマネーまたはPeXにポイント移行。
ハピタスからドットマネーは3営業日、ポイントタウンからPeXは翌営業日に移行完了。

・毎月10日までにドットマネーまたはPeXからメトロポイントに移行。翌月11日に移行完了。

・毎月11日にメトロポイントからANAマイルに移行。翌月10日前後に移行完了。

メトロポイントのポイント交換処理がたまに前後することがありますが、上記スケジュールで約2ヶ月でポイント移行が可能です。少々煩雑ですが、慣れれば意外と簡単です。


ソラチカカードのコース選択

soratikacourse2

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカードの年会費は2,000円(税別、初年度無料)。カード利用で貯めたOki Dokiポイント(1,000円=1pt)をANAマイルに交換するには、5マイルコース(無料)と10マイルコース(税別5,000円)が選択できます。

また、Oki Dokiポイントのマイル移行方法は「マルチポイントコース」と「マイル自動移行コース」の2択です。

管理人はソラチカカードを決済には使わず、メトロポイント交換専用で保有していますので、「5マイルコース×マイル自動移行コース」を選択。ソラチカカードをメインカードにしてマイルを貯めたい方は「10マイルコース×マルチポイントコース」がお勧めです。

※10マイルコース(移行手数料5,000円)を選択した場合、自動移行コースでは毎年手数料がかかりますが、任意のタイミイングで移行が可能なマルチポイントコースの場合、ポイントをマイルに交換した年度にのみ手数料が発生します。

※カード発行後もコース変更は可能ですので、とりあえず移行手数料が不要な「5マイルコース×マイル自動移行コース」で申し込むのもお勧めです。

◆関連記事
ハピタスまとめ(登録・利用方法の解説)
ポイントタウンまとめ(外食モニターでANAマイル獲得)

(2017年4月 記事内容を一部更新)

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.