ふるさと納税の控除上限額が2倍に(2015年度) - 金欠リーマンのマイレージ日記

ふるさと納税の控除上限額が2倍に(2015年度)

わずか2,000円の自己負担で、各地の特産品をもらえることで人気のふるさと納税

2015年度税制改正では、ふるさと納税の拡充が盛り込まれ、住民税と所得税の控除上限額が2倍になる予定です。

自己負担2,000円で済む寄付金額の上限は、「個人住民税所得割額の10%/(90%-所得税の限界税率)+2,000円」
2015年度は、特例控除額が個人住民税所得割額の「20%」まで拡充されるものかと思います。

総務省のホームページでは、2,000円を除く全額が控除できる寄付金額の一覧を公開していますが、年収1,000万円の夫婦+子2人世帯の場合、寄付上限が現行の79,000円から158,000円に倍増します。

また、従来必要だった確定申告も5つの自治体までなら不要になる予定(自営業者や年収2,000万円を超えるサラリーマンは引き続き必要)。

ふるさと納税でサラリーマンの確定申告が増えるのを避ける目的もあるかと思いますが、申告が面倒でふるさと納税を敬遠していた方や、20万円以下の雑所得がある方には朗報です。

確定申告が不要になるのは、2015年4月以降の寄付(ふるさと納税)から。管理人も今年度中は様子見で、4月以降にまとめて寄付しようかと思います。

※従来ふるさと納税の寄付金額は5,000円~10,000円が相場でしたが、上限額が2倍になり、確定申告不要制度が導入されることで、数万円の寄付が主流になるかと思います。各自治体の特産品ラインナップの拡充も期待できそうです。

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.