燃油サーチャージ廃止目前、4月発券分は60ドル基準が濃厚 - 金欠リーマンのマイレージ日記

燃油サーチャージ廃止目前、4月発券分は60ドル基準が濃厚

2014年は110ドル~120ドル基準で推移していた燃油サーチャージ

昨年の夏以降原油価格の下落が続き、今週はWTI先物が1バレル=44ドル台と5年9ヶ月ぶりの安値を付けるなど、下げ止まる気配がありません。

燃油サーチャージ算出の基準となるシンガポールケロシン市況価格も、原油価格とほぼ連動して下落し、直近では1バレル60ドルを割り込んで推移しています。

JALとANAの燃油サーチャージは、2014年10月~11月の2ヶ月平均が90ドル台となったことで、2月発券分から90ドル基準に2段階引き下げ。

2014年12月~2015年1月の市況価格2ヶ月平均が基準となる4月発券分からは、さらに3段階引き下げで60ドル基準になる可能性が濃厚です。

60ドル基準の燃油サーチャージ(JAL、ANA)は、もっとも高い「日本-北米・欧州・中東・オセアニア」でも片道わずか3,500円。昨年は21,000円~25,000円かかっていたことを考えると、破格の安さです。

このまま原油価格の下落が続き、シンガポールケロシンの2ヶ月平均が60ドルを下回れば、日系2社の燃油サーチャージもついに廃止。一部の航空会社では燃油サーチャージの廃止を決めたところもありますが、今年中に廃止になる可能性は十分にあると思います。

参考:JAL燃油特別付加運賃(Zone A 60ドル基準、片道)

日本=北米・欧州・中東・オセアニア :3,500円
日本=インドネシア・インド・ハワイ :2,000円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア :1,500円
日本=グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム :1,000円
日本=中国・台湾・香港 :500円
日本=韓国・極東ロシア :200円
JAL国際線「燃油特別付加運賃」

※上記は2014年度の適用額のため、2015年度は円安を理由に値上げしてくる可能性があります。


マイルが貯まるホテル予約サイトRocketmiles(ロケットマイルズ)

ホテル予約でACアエロプランやUAマイレージプラス、BAエグゼクティブクラブなど20社の航空会社のマイルを貯めることができるRocketmiles(ロケットマイルズ)。

東京や大阪など国内主要都市のホテル予約でも利用可能で、通常1泊で1,000~5,000マイル積算。 初回予約ボーナスでさらに1,000マイル獲得できます。
※期間限定で初回ボーナス3,000マイルのキャンペーンも実施中です。

解説記事:マイルが貯まるホテル予約サイトRocketmiles、初回予約でAC 4000マイル

rocket20

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.