ANA株主優待券 改悪 - 金欠リーマンのマイレージ日記

ANA株主優待券 改悪

ANAは、国内線株主優待運賃の座席数に上限を設定することを発表しました。

従来、空席がある場合は優待運賃(普通運賃の50%割引)の利用が可能でしたが、2016年6月1日搭乗分からGWやお盆、年末年始などの繁忙期に予約可能な座席数が制限されます。

再上場したJALも株主優待運賃の座席数を制限していますが、国内線の収益維持を目的にANAも追随した形です。

ANAの株主優待券は大型増資(2012年)による株数増加やJALの株主優待復活で、金券ショップでの相場も時期によっては2,000円台まで下落。JALと違って繁忙期でも使えることが大きなメリットでしたが、今後、優待狙いの株式保有は減少しそうです。



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.