JAL、国際線特典航空券の空席待ち期限を一部変更 - 金欠リーマンのマイレージ日記

JAL、国際線特典航空券の空席待ち期限を一部変更

2015年10月より国際線特典航空券の予約ルールを変更し、空席待ち(キャンセル待ち)の預かり期限を設定したJAL。

・第一区間出発330日前~90日前の旅程:出発82日前
・第一区間出発89日前~8日前の旅程:予約後7日間もしくは国際線第一区間出発8日前のいずれか早い方
・第一区間出発7日以内:キャンセル待ち不可

出発89日前からのキャンセル待ちは1週間ごとに予約を入れなおす必要があり、また、出発7日前に空席待ち予約が取り消しになり、希望便に空席が出た際に変更ができないことで不評でした。

杓子定規な改定にクレームが多かったのか、マイル引き落とし後の変更(空席待ち)は以前の運用に戻すことになりました。(JAL国際線特典航空券

※発券後の空席待ちは、変更希望の便、またはすでに予約を持っている便のどちらか早い方の出発前まで可能となりましたが、新規に空席待ち予約をする際のルールは変更なし。出発89日前からのキャンセル待ちは引き続き、1週間ごとに予約を入れなおす必要があります。

※片道しか空席がない場合、取消手数料(3,100円)覚悟でダミーの旅程で予約・発券し、希望便で空席待ちをするという手もあります。

JALは直前に空席を開放するなど特典航空券枠をフレキシブルに運用している印象を持ちますが、カラ予約があまりに多いため、預かり期限を導入した模様。

実際には使わない空席待ち予約を入れて、上級会員がどれくらい優遇されるか「検証」しているブログを見て辟易としたことがありますが、会員側にもある程度の節度が必要かと思います。
関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.