住信SBIネット銀行のスマートプログラム攻略方法 - 金欠リーマンのマイレージ日記

住信SBIネット銀行のスマートプログラム攻略方法

振込手数料・ATM手数料の無料サービスや、SBI 証券の買付代金の決済ができるSBIハイブリッド預金など、ネット銀行の中でもっともサービスが充実している住信SBIネット銀行。管理人もSBI 証券と合わせて、メインの口座として利用しています。

同行では2016年1月より、商品・サービスのご利用状況に応じて、ATMご利用手数料や振込手数料の無料回数が決まる「スマートプログラム」のサービスを開始。従来、月3回まで無料だった他行宛て振込手数料が、最大で月15回まで無料で利用できるようになりました。

スマートプログラムは、ランク1~ランク4までの4段階でサービス内容を決定。最上位の「ランク4」はなかなか達成が難しいですが、振込手数料とATM利用手数料(引出し)が月7回まで無料の「ランク3」の攻略方法を紹介します。


住信SBIネット銀行 スマートプログラムの優遇内容

ssnb1

スマートプログラムは、ランク1~ランク4までの4段階でサービス内容を決定。ランク1では「振込手数料が月1回、ATM利用手数料が月2回まで無料」とプログラム導入前よりも条件が悪くなっています。メインバンクとして利用するには最低でもランク2はクリアしておきたいところです。


スマートプログラムのランク判定条件

ssnb2

スマートプログラムのランクは、毎月1日に前々月の商品・サービスの利用状況に応じて決定し、1ヵ月間特典を利用できます。

上の表の通り、ランク判定条件はかなり複雑(スマートプログラム ランク判定条件)。ランク4は「外貨預金と仕組預金の月末残高合計が500万円以上」、または「外貨預金と仕組預金の月末残高合計が300万円以上で住宅ローンを利用」とかなりハードルが高めですので、ランク3が現実的かと思います。


スマートプログラム ランク3の達成条件

ssnb3

ランク3の判定条件は「総預金の月末残高が300万円以上」、または「総預金の月末残高が1,000円以上で住宅ローンを利用」。住宅ローンを利用していたり、普通預金やSBIハイブリッド預金などの総残高が300万円以上あれば達成できます。

上記の条件をクリアできない場合は、外貨預金や仕組預金、給与振込など8つの条件のうち、3つをクリアすればOK。管理人は外貨預金とSBIハイブリッド預金、給与振込の条件をクリアしてランク3に判定されました。

※外貨預金は1ドルや1ユーロでも残高があればOK。管理人は外貨普通預金に1ドル預金してクリアしました。

※SBIハイブリッド預金を利用するにはSBI証券の口座が必要。株取引をされない方は、キャッシュカードを「Visaデビット付キャッシュカード」にして、デビットカード決済を月1万円以上利用すればクリアできます。

※新規口座開設の当月および翌月については、一律ランク2となります。


住信SBIネット銀行の口座開設はポイントタウン経由がお得

ssnbp

ポイントタウンなら住信SBIネット銀行の口座開設で5,700pt(285円相当)還元。貯めたポイントは「20pt=1円」で現金や電子マネーに交換できるほか、メトロポイント(ソラチカカード)経由で「20pt=0.9マイル」でANAマイルにも交換できます。

◆関連記事
SBI証券の一般信用でANA株主優待クロス取引
ポイントタウンの外食モニターでANAマイルを獲得(実践編)

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.