4月から燃油サーチャージ再値上げ(往復最大14,000円) - 金欠リーマンのマイレージ日記

4月から燃油サーチャージ再値上げ(往復最大14,000円)

ANAとJALは、2017年4月発券分から燃油サーチャージを再値上げすることを発表しました。

燃油特別付加運賃の基準となるシンガポールケロシン市況価格(2016年12月から2017年1月の2カ月平均)は、1バレルあたり64.43ドル。期中の為替レートは1ドル=115.37円でしたので、円貨換算額は7,434円となり、ゾーンBのサーチャージ適用となります。

日系2社の燃油サーチャージは、燃油価格の下落で2016年4月から廃止されていましたが、今年2月に10か月ぶりに復活したばかり。直近2カ月間の燃油価格が上昇し(前回58.69ドル→今回64.43ドル)、円安となったことで、4月からはさらにゾーンB基準(7,000円以上8,000円未満)に値上げになってしまいました。

最近は為替も原油価格も落ち着いていますので、今後、急激に燃油サーチャージが上がることは考えづらいですが、往復最大14,000円(日本=北米・欧州・中東・オセアニア)はさすがにインパクトがあります。。


ANA 燃油サーチャージ(2017年4月~5月発券分)

(1旅客1区間片道当たり)
日本=北米・欧州・中東・オセアニア :7,000円(現行3,500円)
日本=ハワイ・インド・インドネシア :4,000円(現行2,000円)
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア :3,000円(現行1,500円)
日本=ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン :2,000円(現行1,000円)
日本=中国・香港・台湾・マカオ :1,500円(現行500円)
日本=韓国 :300円(現行200円)
国際線旅客 燃油サーチャージを改定(ANA)


燃油サーチャージ適用条件表(JAL)

jal-nenyu201612

上記はJALのサーチャージ適用基準ですが、ANAも同じ条件です。

関連記事



にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージ ブログ村
人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 金欠リーマンのマイレージ日記 All Rights Reserved.